福岡の西島悠也が解説する占いの種類

西島悠也が解説する|タロット

 

西島悠也

 

 

人間は弱い生き物である。一人では決断できないこともあり、何かに頼りたくもなる。
その一つに占いがある。
占いとは、様々な方針を人間の意志とは別次元で決断する方法として古代より用いられてきた。その歴史は古い。
現代ではその週類も多岐にわたり未だに人々と密接に関わってきている。

 

その一種にタロットがある。
様々な絵柄が書かれたタロットカードを使い、出た絵柄の組み合わせで物事を推測する占いである。
手相占いや血液型占いとは違い、その時その時で占われる結果は異なるので色々なモノの見方ができるのが特徴である。

 

占いを信じるか信じないかは本人次第。
しかし、何かにすがって生きることは決して悪いことではないのだ。

 

更新履歴
page top